不動産法務・不動産問題にかかる費用

不動産法務・不動産問題にかかる費用【明確な費用体系】

当事務所では、不動産法務・不動産問題にかかる弁護士費用を土屋勝裕、以下のとおり設定しております。

当事務所の弁護士費用は、非常に明確で分かり易い費用体系となっております。
ご不明な場合は、親切丁寧にご説明いたします。

また、お見積りは無料で個別に行わせて頂きますので、いつにてもお問い合わせください。

不動産法務・不動産問題

不動産法務・不動産問題に関しては、当事務所は、以下の報酬体系を採用しております(消費税等別途)。

経済的利益 着手金 成功報酬
300万円以下の部分 8.0% 16.0%
300万円~3000万円以下の部分 5.0% 10.0%
3000万円~3億円以下の部分 3.0%  6.0%
3億円超の部分 2.0%  4.0%

※ 仮差押え・仮処分などの保全手続きを行う場合は、別途弁護士費用(仮差押1件15万円)が掛かります。
※ ただし、最低着手金額は72万円(消費税等別途)です。
※ 裁判において証人尋問が必要となった場合、その準備及び実施に関してはアワリー・レートの20%ディスカウントで追加請求をさせて頂きます。

また、着手金をゼロとした成功報酬制の優遇プラン(下記)(消費税等別途)も設定しておりますので、ご利用ください。

なお、これは簡易顧問契約・通常顧問契約(ただし、期間は業務対応期間のみ)の締結を前提とさせて頂いております。

経済的利益 着手金 成功報酬
          ― 0.0% 28.0%

※ 仮差押え・仮処分などの保全手続きを行う場合は、別途弁護士費用(仮差押1件15万円)が掛かります。
※ 裁判において証人尋問が必要となった場合、その準備及び実施に関してはアワリー・レートの20%ディスカウントで追加請求をさせて頂きます。

なお、お見積りは無料で個別に行わせて頂きますので、いつにてもお問い合わせください。

顧問契約

簡易顧問契約 月額 12万円 (消費税別途)

これは当事務所の一般的な顧問契約です。随時、口頭・電話またはメールでの法的助言をさせて頂きます(何度でもお問い合わせ可能ですが、契約書の作成や交渉・訴訟手続きなどはこれに含まれません)。
また、簡易顧問契約を締結頂くと、アワリーレートでの請求額(契約書の作成や交渉・訴訟手続きなどの請求額)が20%ディスカウントになります。期間は12ヶ月から承っています。
また、当事務所アソシエイト弁護士が主担当となります(勿論、パートナー弁護士と綿密協議の上対応いたします)。パートナー弁護士を主担当とすべき場合は月額30万円(消費税別途)となります。

また、お見積りは無料で個別に行わせて頂きますので、いつにてもお問い合わせください。

通常顧問契約 月額 30万円 (消費税別途)

これはあらゆる一般企業法務業務に取り組むことを前提とした、一般的な包括顧問契約です。
M&Aや裁判・訴訟・紛争などの具体的案件については別枠となります。

期間は12ヶ月から承っています。

また、お見積りは無料で個別に行わせて頂きますので、いつにてもお問い合わせください。

不動産法務関連記事

弁護士費用について

 

当事務所の弁護士費用は、非常に明確で分かり易い費用体系となっております。
ご不明な場合は、親切丁寧にご説明いたします。

なお、お見積りは無料で個別に行わせて頂きますので、いつにてもお問い合わせください。

不動産問題に関するご相談は、当事務所にいつにてもお問い合わせください。
ご不明な点等ございましたら、いつにてもお問い合わせいただけましたら幸いです。

お問い合わせ・無料法律相談